プログラミング能力検定プログラミングスキル・能力を測定できる
プロ検とは?

プロ検について

プロ検はプログラミングの
基礎となる
知識を
測るための試験です。

順次処理、条件分岐、繰り返し、変数など、プログラミングの概念の理解度を体系的に分析・評価することで受検者のプログラミング能力を詳細に測り、それまでの学習成果を証明すると共にその後の効果的な学習に繋げることができます。

プロ検は、オリジナルのビジュアルプログラミング言語、およびテキストプログラミング言語に対応しており、幅広い層に受検いただくことができます。

また2022年度より高校にて必修化される「情報Ⅰ」のプログラミングに関する領域に対応し、2024年度の大学入学共通テストから必修となる情報科目としてのプログラミングへの対策試験となることを目指しています。

プロ検のメリットと特徴

大学入試に役立ちます!

2022年度から高校でプログラミングが必修化!
2024年度からの大学入試の対策にもなります

本検定では2022年度から高校で必修化される「情報Ⅰ」に含まれるプログラミング領域の基礎知識を網羅し、2024年度より大学入学共通テストに導入される「情報」の対策にも繋がります。
今からプログラミング能力をつけておくことで将来の選択肢が広がります。

詳細な成績表で課題が
見えやすい

成績を見える化して、課題をそのままにしない。
確実に実力を伸ばします!

合格・不合格を伝えるだけでなく、プログラミングの基礎知識を細かく分解して評価する成績表だから、今できていることと今後の課題が見えやすい!課題に対しては「学習アドバイス」も付いてくるので、苦手な知識もその後の学習で効率よく身につけることができます。

レベル・言語別だから
受検しやすい

レベル別・言語別で受検できるので、どんどんチャレンジして実力を試そう!

プログラミングの概念を学習する順番に1~6段階で受検できるレベル別設計なので、学習を始めたばかりの初心者も、腕に自信のある方も、どなたでもチャレンジ可能!自分のペースで上を目指すことができます。
言語は「ビジュアル言語」「テキスト言語」から選択可能。普段の学習に近い言語を選ぶことでより実力を正確に測ることができます。

プロ検はCFRP(プログラミングの学習・教授・評価のための共通参照枠)にも完全準拠しています。

最新検定日のご案内

検定実施期間

2022年95日(月)
911日(日)

受付は締め切りとなりました 受付は締め切りとなりました

詳しい検定スケジュールを見る
詳しい検定スケジュールを見る

お申し込みは各会場まで

受検料のご案内

レベル レベル 受検料

レベル

レベル

レベル6 8,700(税込)
レベル5 6,500(税込)
レベル4 5,400(税込)
レベル3 4,300(税込)
レベル2 3,200(税込)
レベル1 2,100(税込)

レベル別の出題範囲と合格ライン

レベル別の出題範囲について

<各出題範囲>

レベル ビジュアル言語版 テキスト言語版(JS/Python)
レベル6 タイマー、連想配列、クラス
レベル5 変数の型(null、型の確認)、配列操作(挿入、入れ替え、並べ替え)、二次元配列、例外処理
レベル4 関数、リスト switch、配列操作(追加、削除、参照)、定数、while、ループの中断/継続
レベル3 論理演算子、変数 変数の型(int、String、boolean)、乱数、関数、for(配列処理)
レベル2 不等号、座標、乱数 文字列連結、不等価、for、論理演算子、配列(宣言、取り出し、長さ)
レベル1 順次処理、条件分岐、
繰り返し、並列処理、角度
順次処理、出力、演算子、変数、if、不等号

<ビジュアル言語版>

レベル ビジュアル言語版出題範囲

レベル

レベル

レベル
6
レベル
5
レベル
4
関数、リスト
レベル
3
論理演算子、変数
レベル
2
不等号、座標、乱数
レベル
1
順次処理、条件分岐、
繰り返し、並列処理、角度

<テキスト言語版>

レベル テキスト言語版(JS/Python)
出題範囲

レベル

レベル

レベル
6
タイマー、連想配列、クラス
レベル
5
変数の型(null、型の確認)、配列操作(挿入、入れ替え、並べ替え)、二次元配列、例外処理
レベル
4
switch、配列操作(追加、削除、参照)、定数、while、ループの中断/継続
レベル
3
変数の型(int、String、boolean)、乱数、関数、for(配列処理)
レベル
2
文字列連結、不等価、for、論理演算子、配列(宣言、取り出し、長さ)
レベル
1
順次処理、出力、演算子、変数、if、不等号

合格ラインと試験時間

全言語
全レベル
合格ライン 試験時間
60% 40

出題について

プロ検ではプログラミングの基本知識を体系的に測ることを目的としています。そのため、プログラミングの基本知識を「順次処理」「繰り返し」「条件分岐」「乱数」「変数」等の【概念】に分類し、それぞれの概念の得意不得意を測定可能な形で問題の設計を行っています。

また、不得意な概念については、習得のためのアドバイスを提示することによってその後の効率的な学習に役立てていただくことができます。これまで曖昧であった個人のプログラミング能力を測り、向上させる上での客観的な尺度としてご利用ください。

ビジュアル言語版出題形式

【選択式問題】

動画を再生し、キャラクターの動きを実現するためのブロックの組み合わせを4つの選択肢から選ぶ形式の問題です。

【実装式問題】

動画を再生し、キャラクターの動きを実現するためのブロックの組み合わせを自分で作る形式の問題です。

テキスト言語版出題形式

2022年9月検定より従来のJavaScriptに加え、Pythonでの受検も可能となりました。

過去問題で実力養成

プログラミング能力検定協会が発刊している過去問題集で実力をつけて、プロ検にチャレンジしましょう。

最新の過去問3回分を掲載

各問題の解説動画をスマホでも
視聴できる!

対策講座のご案内

プロ検は独自のビジュアルプログラミング言語を採用しておりますが、この度多くのプログラミングスクール様のご要望にお応えする形で、Scratchをベースとした「プロ検対策講座」を2021年5月20日にリリースいたしました。

当対策講座は、プロ検と同様にWebブラウザを使って問題を解く形で進行します。検定の出題スタイルに慣れると同時に、単問ごとの解説動画によって各受検レベル(レベル1~レベル4)にて出題されるプログラミング概念を丁寧に学ぶことができます。

受講ご希望の方は各種認定会場へお問い合わせください。

動画で説明するから分かりやすい

解説ポイント付!

プログラミング能力検定トップ  > 

プログラミング検定とは